忍者ブログ

のんびりいこう

パン作りにレース編み・パッチワークキルト、時々ちらりとアメリカンコレクタブルズ。

2018.11.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.06.18

4月28日。
この日は大家さんに家を引き渡す日でした。

朝から良いお天気です。
約束の時間まで少し時間があったので、
家の周りの写真を撮影。

2年ほど前に大家さんが
「日本人は桜が好きでしょう?」
と言って、植えてくれた八重桜が
こぼれんばかりの花を咲かせていました。

090428_06.jpg

大家さんと管理会社の人がやってきて
家の中を最終チェック。
なんだか試験を受けている気分でしたが、
どうやら評価はA
 ホッ。

そんな中、
私の方にはお友達が最後に会いに来てくれたりと、
とっても賑やかな朝でした。
お忙しい中、来て下さった皆さん
本当にありがとう。
なんだかバタバタして
ゆっくりお話出来なくてごめんなさい。
でも、みんなの気持ち本当に嬉しかったです。

さらにそんな中、
途中、旦那の上司の方がいらっしゃって。
「あら、どうされたのかな??」
と思ったのですが・・・

私たち、週末からテレビもインターネットも繋がっていなかったもので、
世の動きをまったく知らなかったのですが、
世間は新型インフエンザで騒然としていたんですね。
この前日、WHOはパンデミック警戒レベルを3から4に引き上げたとの事。
その件で、緊急の連絡に来て下さった上司さんでした。

「帰っちゃダメ」
と言われたらどうしようかと思いましたが、
とりあえず、帰国は予定通りで良いとの事だったので、
色々不安はありつつも、ホッとしました。

家を引き渡した後、
足(車)の無い私たちは、
お友達にお願いをして
BethlehemのMain Stに面した
Hotel Bethlehemへ送り届けて貰いました。

お天気が良く、こういう季節の帰国は
あまり物悲しくならなくて良いなぁ・・・と思っていましたが、
彼女とホテルのロビーにてハグした途端に、
ボロボロと涙が・・・
短いお付き合いだったけれど、歳も同じという事で
なんだかとっても安心感のあるお付き合いをさせて頂きました。
最後まで本当にありがとう。

090428_03.jpg

この日はここに一泊して、
翌日早朝に、リモにてJFKへ向かいます。

さて、あまりにご近所過ぎて
まさかここに泊まる機会があるとは思いもし無かったので
とっても嬉しかった♪

090428_01.jpg

こじんまりとしながらも、
綺麗で気持ちの良いお部屋でした。
ブルーを基調としたカバーリング類も素敵♪

090428_02.jpg

残念ながらバスタブは無く、
シャワーブースのみのバスルームでしたが、
まあ、一泊くらいなら良いかな。
老舗らしく、どことなくレトロな感じも良いです。

一泊なので特に荷解きの必要も無く、
とりあえずストリートに出てランチを・・・
先ほどのお友達が以前に教えてくれたイタリアンがあったので、
そちらへ向かってみました。

090428_04.jpg

お天気が良かったので、外の席もお客さんがいっぱいでしたが、
やや暑すぎる感もあったので、私たちは中の席へ。
店内はイタリアンのお店らしくとっても賑やか。
サービスのおばちゃんたちも気さくで良い感じ。
さっそくトマトソースと、フィリーステーキホギーを頼みました。
すっかり写真を撮るのを忘れましたが、
今までなぜ足を運ばなかったのか・・・と後悔っ!!

お店を後にした後は、
ぶらりと町を散策。
とはいえ、それほど長く無いストリートだし、
時折来ている事もあって、
あっという間に散策終わり(笑)
仕方がないのでホテルに戻ると、
連日の引越し疲れかが出たのか、
たっぷりお昼寝をしてしまいました。

夜は、このホテルから歩いて数分の処にあるお寿司屋さんへ。
カウンター席と、2人掛けのテーブルが4席程度の小さなお店ですが、
ご主人が楽しい方なので、ずっと通っていました。
今日はギリギリになっていまいましたが、
帰国のご報告をしました。
ちょうど混んでいる時間に入ってしまったので、
ご主人とゆっくりお話が出来なかったのが残念でした。

いよいよ明日はPA、そしてアメリカを発ちます。

PR
2009.06.18
引越し業者さんが来る4月27日を目前とした週末。
25、26日は朝から準備で大忙し。

25日。
まずは、契約しているケーブルTVの解約をして、
チューナーやインターネット用のモデムやらを営業所に返却。
もうこの日から、テレビもネットも繋がりません。

さて、家に帰って片付けを・・・なんて思ったのですが、
ケーブルテレビの営業所、
地元AAAチーム、Iron Pigsの球場のすぐ傍だったんですねぇ。
最後にちょっとだけ・・・と、球場へ足を運んでみました。
ゲームはもちろんやっていませんが、
ギフトショップは営業していたので、
最後のお土産(?)探し。
旦那は長そでTシャツ、
私は新しいパーカーを、
そしてお土産用にキャップを数点お買い上げ。

って、こんなところで油売ってて良いのかい??って感じですが・・・
あまりにお天気が良くて、
これから帰宅して引越し準備っていうのも悲しい。
こういう日は、ドライブで遠出したり、ゴルフに行ったり、
やっぱりそういう風に過ごすべきじゃない??

なんて、現実逃避してる場合でも無いですが・・・

すっかり午前中が終わりそうだったので、
お昼御飯を外で済ませ、
午後は予定通り、家の掃除。
あまりの暑さにエアコンを入れたかったのですが、
片付けで埃が立つしね、我慢、我慢。

この二日間、私はひたすら荷物を仕分け、片付け。
旦那は片付いた部屋からどんどん掃除。
27日を前に、キッチン、リビング、主寝室以外はすっかり綺麗になりました。
これで少しは、当日が楽になったはず。

当日27日は、朝から引越し業者さんが入りました。
日本に送る大物家具は、この日にはもう無かったので
後は自分で箱詰めした荷物を搬出したり、
壊れやすいモノや、形が不揃いなモノなどを
プロの手により確実に梱包してもらって、
後は、我が家から家具を差し上げるご家庭があったので、
そう言う家具を運び出して貰う事が主な作業となりました。

梱包はほぼ午前中の2時間半で終了。
お昼前に我が家にはお友達がお弁当の差し入れに来てくれて・・・
最後にちょっと買い物に行きたかったので、
我儘を言って、近所のショッピングモールまで送迎してもらいました。
Nちゃん、ありがとう。とっても美味しかったです♪

その後、お昼休みから引越し屋さんが戻ってきて、
事務手続きをして・・・
「はい、それではこれで終了です」
との声に、
「えっ! もう??」
時刻は2時前。
あらら、もっと掛かると思っていたのに。
引越しのトラックを見送って、
その後は週末に出来なかったリビングとダイニング、
キッチンにメインベッドルームの掃除。
掃除機掛ける所は掛けて、床を磨くところは磨いての約3時間。

090427_01.jpg

↑日々、お友達でいっぱいだったダイニングスペース。

090427_02.jpg

↑愛着たっぷりのキッチン
(暗くて失礼!ブラインド開ければ良かった)

090427_03.jpg

↑ソファもテレビも無くなったリビング。

夕方お友達のご主人が迎えに来て下さり、
そのままお宅へ。
さすがにこの日はご飯はどうしようも無かったので
すっかりお言葉に甘えてお邪魔させて貰う事に。
3家族が集まって、
楽しいお喋りと美味しいご飯をご馳走になり、
最後まで賑やかに過ごさせて貰いました。
私と言えば、
イマイチ未だに帰国する実感が沸かず。
お暇する時も
「それじゃあ、またねぇ~」
なんて、うっかり普通に帰ってしまいそうでした。
そんな帰国への実感がぼんやりしていた私が
現実に引き戻されたのは、
さっきまでニコニコ笑っていたお友達が
車に乗り込む直前にポロポロと涙を零しているのを見た時。

ああ、私は明日からみんなの輪の中には居ないんだなぁ。

っていう実感と、

私の存在を少しでも惜しんでくれていた
その気持ちがとっても嬉しくて・・・
ちょっと感激。
そしてもらい泣き。

帰国に向かって一直線に走ってきた数カ月でしたが、
ふと、帰るのが嫌になった夜でもありました。
2009.06.17

帰国の際に日本に持って帰る荷物ですが、
無制限に何でも持って帰れる訳では無く、
容量に制限があるのが辛いところ。
まあ、家財道具全部を持って帰ったら
日本の家に入りきらない事は分かっていますけれど。

だから・・・と、言い訳にはなりませんが、
どうしても不用品という事で、
大量のゴミが出す事になってしまいます。
あまりに捨てるのに忍びない物に関しては
欲しい方を募って、引き取って頂いたりしたのですが、
我が家がそもそもお下がりで頂いたモノや、
「さすがに人に差し上げるのはちょっと・・・・」
というモノはやっぱり捨てるしか無かったりするのです。

そんなある日、
ちょっと大物をまとめて捨てる日がありました。
具体的に言うと、

カラーボックス2個
プラスチック製の衣装ケース 3個
プラスチック製の引き出し収納2個

勿体ないけど、分かっているけれど、
仕方ない。

私の住んでいたエリアは、ゴミ収集業者さんと各家庭ごと契約をして
お金を払ってゴミを収集してもらいます。
上記位の大きさのものも、
普通のゴミの日に一緒に家の前に出しておけば
一緒に持って行ってくれます。

という事で、旦那が出勤した後、
一人で荷物を外へ運び出し。
最初は小さめのカラーボックス。
それでも一人では持ち上げるのが大変で、
ズリズリ、ズリズリ・・・と、ちょっと引き摺りながら道路脇へ。

さあ、2つ目。
いったん家の中に入って、
リビングの奥になるダイニングからまたズリズリ。
「うーん、分解して出した方が良いかなぁ」
とか、ちょっと考えるも、面倒なのでやっぱり止めて・・・
なんて、経緯もあって再び外に出たのは約5分後くらいだったと思うけれど、
道路脇を見てびっくり。
さっき出した1つ目のカラーボックスが無い!!
辺りを見回すも、やっぱり無い。あれれ??
とりあえず、2個目のカラーボックスを出して・・・
気を取り直して、
他のプラスチック製品も順々に運び出しました。

それにしてもたった5分の間に、いったい誰が?
まあ、こちらはゴミに出された家具なんかを見かけては、
持って帰る人が結構いますけれどね。
でも、それって偶然通りかかって・・・とかの時が多いと思うのだけれど、
我が家の前の道路、奥は行きどまりで、
ここに住んでいる人くらいしか前を通らないのに。
うーん。
と、ブツブツ考えながら洗濯したり、
掃除をしたりして、30分くらい経過?
ふと、道路に面した窓から外を見てみると・・・

!!!

さっき出した2つ目のカラーボックスはもちろん、
プラスチックボックス、引き出しが跡形も無く全部無くなってる!!
残ったのは、ゴミ袋に入った普通のゴミだけ。

すごーいっ!
って言うか、誰か私の行動見てる??
まあ、まだ使えるものばかりだったから
誰かが持って帰ってくれて、
再び使ってくれるのなら、それはそれで嬉しい・・・かな?
それにしても、驚くべきはあの早業。
うーん、謎、謎、謎。

後日談ですが、
持ち去ったのは、
お向かいのお家のおばあちゃんでした。
私が外に出ているのを見つけて
おばあちゃんが声を掛けてきました。

「ユウは引っ越すの? 
この間沢山荷物を出してたけれど。
私貰っちゃったわ。」

と。

そりゃ、お向かいさんなら
道路に面した窓から
うちの前に出されたゴミが見えるし、
欲しいと思ったら、すぐにでも取りに来れるわなぁ(笑)

「まだ他にもあるの?捨てるもの」

と聞いてくるので、「ちょっと待ってて。」
と、家の中を物色。
幾つかのキッチン雑貨などを見せると
ニコニコしながら、全部受取り
家の中へ去って行ったのでした。

ああ、帰国前に謎が解けて良かった(笑)

2009.06.15
帰国が迫ったある日、
いよいよ車を手放す時がやってきました。
旦那の車は一足先にディーラーへ。
私の車はディーラーではなく、後任の方へ譲る事になり、
名義変更のみの手続きで済むとの事でしたので、
なるべく帰国の直前まで手続きを待ってもらいました。

「明日の朝、車を名義変更に持って行くから」
と旦那に言われた日、最後に・・・と写真を撮りました(笑)

++ 私のオデッセィ 通称オデ子 ++

090420_02.jpg

090420_01.jpg

ここまでの走行距離は129024マイル(約206400㎞)の、12年選手。
私がこの車を譲り受けた時点で70000マイルを超えいたので、
単純計算でも、一年に10000マイル以上は走っていた事になります。
まあ、日常も遠出したし、週末のお出かけも全部オデッセイだったものね。
一時は、走っている途中で突然止まってしまって、
2600ドルなんていう修理費用が掛かったり、
夜中に突然防犯アラームが鳴り出すなんて言う、
幾つかのハプニングにも襲われながらも、
お友達を大勢乗せてアンティーキングに出掛けたり
買い物ツアーへ走ったり・・・
老体に鞭打って、最後まで良く頑張ってくれました。

手放す日の朝は、外までお見送り。車を。
頭の中のBGMはもちろん「ドナドナ」(笑)
生まれて初めて「自分の」と言える車だったので
寂しさもひとしおでした。

さて、同じ日の夕方、
会社の方の家に食事に呼ばれていたのですが、
我が家には既に車が無いため、
後任の方が迎えに来てくれました。
オデ子で。

「あー、すみません、迎えに来ていただいて・・・」
と、言いながら、旦那は助手席へ。
私は後部座席へ。
な、なんだ、この違和感・・・
そう言えば、この車の後部座席って座った事なかった。

もうオデ子はうちの子じゃないんだぁ・・・

口にはしなかったものの、そういう気持ちでいっぱいでした。

帰りも送り届けて頂いて、
家の前で車を降り
「ありがとうございました~」
と、言いながら、走り去るオデ子を見送る私。
なんか、今朝より寂しんですけど。

また日本に帰ったら他の車に乗る事になると思うけれど、
このオデッセイの事はきっと忘れないだろうなぁ。
うん。
     HOME 
    カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    プロフィール
    HN:
    ユウ
    年齢:
    45
    性別:
    女性
    誕生日:
    1973/05/13
    職業:
    主婦
    趣味:
    Quilts,Crochets,Baking
    自己紹介:
    こんにちは。ユウです。
    5年間のアメリカ生活を終えて2009年4月末に無事帰ってきました。
    老後の夢だった、「陽の当たるキッチンでひがな一日パンを焼き、ジャムを煮る生活」が、アメリカにて叶い満足気味、今はこれからの夢を模索中・・・
    過ぎゆく時間の中で、感じた事、出逢った事、作ったもの・・・そんな日々の記録です。
    最新コメント
    [03/02 ユウ]
    [03/01 moonlight]
    [02/26 ユウ]
    [02/25 yumi♪]
    [02/24 ユウ]
    [02/24 rumi]
    [02/22 ユウ]
    [02/22 @tachan415]
    [02/17 ユウ]
    [02/17 hiroe]
    最新トラックバック
    twitter
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析

    のんびりいこう wrote all articles.
    Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

    忍者ブログ[PR]