忍者ブログ

のんびりいこう

パン作りにレース編み・パッチワークキルト、時々ちらりとアメリカンコレクタブルズ。

2018.09.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.03.30

キルト仲間のny-cafeさんと、もう一人お友達とで、毎年春にランカスターで行われているQuilt showへ行ってきました。
いつも同じ会場で行われているショーですが、昨年もやはりお友達みんなで誘い合って出掛けて、とても楽しかったので、今年も是非足を運びたいと思っていたのです。
ただ、昨年行われたのは4月の中旬。今年もその頃だろう・・・と思って、たかを括ってのんびりしていたら、今年の開催は3月の最終週末だった事が判明。
それを知った時には既に1週間の猶予もありませんでした。
慌ててny-cafeさんに連絡をし、何とか日曜日にお互いのスケジュールが一致し、出掛ける事が出来ました。

お馴染みのアダムスタウンを通り過ぎ、そこから約30分。
ランカスターにある、Conference Centerが会場です。
今年もたくさんの作品が展示されていて、かなりの目の保養。
大きなキルト作品がたくさん右端のホワイトキルトには脱帽。作ってみたい!!
色合いも鮮やか昨年も同じ事を思いましたが、キルトという世界は本当に深いものだな・・・と感じます。
昔ながらのパターンを繋げたものは勿論、キルトで一枚の風景画を表現していたり、中には日本の浮世絵をキルトに興している作品もありました。
でも、やはり私はモダンなキルトよりは、昔ながらのキルトの方が好き(*^-^*)
後は、ここ数年作業をしつつも、停滞しているボルチモアキルトにどうしても目が行ってしまいました。
また、写真右上の、一番右側のホワイトキルト。
パッチワークなしの白い表布、芯、裏布の3枚を合わせてキルティングを施し、そのステッチの美しさを楽しみます。
キルト作業好きな私としては、いずれ一度は作ってみたい作品の一つ・・・うーん、飽きるかしら?
quiltshow08_08.jpgquiltshow08_09.jpg
↑は、刺繍を施したキルト。
近頃の流行りか、去年は気が付かなかったのか、今年はこのような刺繍をふんだんに使ったキルト作品が多く目につきました。
quiltshow08_06.jpgquiltshow08_07.jpg
このブルーのキルトは、柄の入り方や、色合いがとても素敵。
ブルーの生地も藍染のように(それとも実際藍染か?)染めにムラがあって、独特の雰囲気を持っています。
ちょっと「和」っぽい印象も。
キルティングは概ねマシンだったように思いましたが、所々トランプトにもなっていて、手が込んでいます。




quiltshow08_14.jpgquiltshow08_15.jpg
このグリーンも素敵でした。本気で「欲しい」と思った作品。
立ち止まってみていたら、「ああ、やっぱりそれ好きだよね」と、お友達に納得されてしまった(笑)
中央はグリーンの小さな正方形のピースがまるでモザイクのように並んでいて、それでいて全然煩くないし。
中央がシンプルなパターンな分、周りの葉のアップリケが効いていて・・・
これが一枚部屋の中にあったら・・・うーん、ごろりと寝転んでしまいたい(爆) お昼寝キルトですか?!
quiltshow08_10.jpgquiltshow08_12.jpg
quiltshow08_13.jpg
こちらはアメリカ・キルトの中でも特殊な存在と言われているボルチモアキルト。
以前、お友達がタペストリーを作っているのを目にしましたが、ボルチモアキルトは本当にたくさんの技法が組み込まれています。
折り紙のように折って花の蕾を表現したり、花びら一枚一枚をアップリケして花の立体感を出したり。
作業一つ一つがとても細かくて、大変そうでしたが、やっぱり出来上がった作品は豪華でした。
お友達の作品や、写真の作品ほど凝った技法のモノではありませんが、私も今、作りかけのボルチモアキルトを早く完成させたくなってきました。
quiltshow08_05.jpgquiltshow08_16.jpg
ee3bcc17.jpegquiltshow08_04.jpg
写真には撮りきれない程のたくさんのキルトを見て回った後は、楽しみにしていたお買い物♪
布屋さんをはじめ、道具屋さんもたくさん出店しているので、もうソワソワ。
色々厳選して買い物をしていたはずなのに、最初のお店で$40近くも布を買ってしまい愕然。
それでも諦めた布の方が多い・・・(ToT)
あとは、キルトライン用のテンプレートを1つと、本を一冊(これも2冊あったけれど1冊諦めた)。
「来年まで出会えないかも」「来年は来られないかも」
と、思うと居ても立ってもいられず、物欲の塊と化した一日でした。

キルトショーの後は、少しアーミッシュの人々が多く生活しているエリアを、ny-cafeさんに車で案内してもらいながらドライブ。
住宅地ものどかな田園風景で素敵でしたが、賑やかなストリート沿いにもキルトショップやギフトショップなど興味深いお店が並んでいて、もっと暖かくなったらじっくりと訪れてみたい町だと思いました。

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すごいね~!
これ、すべて手縫いなんだよね?すごいよね~!
写真でも立体感がすごくわかるよ。
家庭科、被服がちょ~苦手だったあたしには、驚愕の嵐ってかんじだよ(爆)
さっち: 2008.04/04(Fri) 12:46 Edit
キルトショー
キルトショー、今年も行けて良かったです!見逃してたら軽く凹んだかも。日程確認してくれて感謝です!
小さなキルトですらひーこら言って断念してる私なので、あんな大きなキルトを全部手縫いで仕上げるなんてとても無理。一体どれくらいで仕上げるんでしょうね??
ふふふ、お買い物楽しかったですね~♪
ny-cafe: URL 2008.04/04(Fri) 13:38 Edit
◆さっち・・・
ミシンを使っているものもあるけれど、手縫いのモノも結構たくさんあったよ。
手縫いは大変だけれど、出来上がった雰囲気はやっぱり機械を使ったものに比べて温かみがあるよ。
私は断然手縫い派です。
私もお裁縫系はまるっきり駄目で、興味が沸かなかったけれど、キルトの世界を知って随分趣味嗜好が変わったかも。
ユウ: 2008.04/04(Fri) 23:26 Edit
◆ny-cafeさん...
こちらこそ、またご一緒できて楽しかったです。
確認に感謝・・だなんて、ギリギリで済みませんでした(^◇^;)
それにしても、ため息の出てしまう作品ばかり。
よい刺激にはなりますが、なかなか大作に挑む方向へは気持ちが向きません~

お買い物は本当に楽しかった♪
帰ってきて少し落ち着くと、「やっぱり買ってくればよかった」と思うものが、たくさんありますね。
ユウ: 2008.04/08(Tue) 06:29 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL:
日曜日は時差ぼけ真っ只中の夫を家に残し、お友達とランカスターのキルトショーへ出かけてきました。毎年春に開催されるキルトの祭典で、東海岸ではだいぶ大きなキルトショーなのだそう。ロングアイランドで取っていたキルト教室の先生も、毎年このショーにやってきて、いくつかクラスを受講しているそうです。私はクラスを取るほどの語学力も情熱もないので、去年に引き続き作品を見てまわるだけ~。でも思わずため息を着いてしまう圧巻キルトがたくさん展示されていて、さすがに見ごたえがありました。 ちなみに上の写真は、大きなホワ...
m's New York cafe 2008/04/04(Fri) 13:31
  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ユウ
年齢:
45
性別:
女性
誕生日:
1973/05/13
職業:
主婦
趣味:
Quilts,Crochets,Baking
自己紹介:
こんにちは。ユウです。
5年間のアメリカ生活を終えて2009年4月末に無事帰ってきました。
老後の夢だった、「陽の当たるキッチンでひがな一日パンを焼き、ジャムを煮る生活」が、アメリカにて叶い満足気味、今はこれからの夢を模索中・・・
過ぎゆく時間の中で、感じた事、出逢った事、作ったもの・・・そんな日々の記録です。
最新コメント
[03/02 ユウ]
[03/01 moonlight]
[02/26 ユウ]
[02/25 yumi♪]
[02/24 ユウ]
[02/24 rumi]
[02/22 ユウ]
[02/22 @tachan415]
[02/17 ユウ]
[02/17 hiroe]
最新トラックバック
twitter
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

のんびりいこう wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]